ユッカは剪定するべき?

ユッカの管理には、剪定があります。
剪定をしなくても育てることはできますが、次第に日当たりや風通しが悪くなっていきますので(適切なタイミングでの)剪定が必要となってきます。

 

また、ユッカは大きくなる植物です。

 

市販されているサイズ感は一時的なものです。
小さな朴もの仕立ての鉢植えを購入してきたとしても、数年後(早ければ翌年)には想像以上に大きく成長して剪定が必要となります。

 

ユッカの剪定は、大きさを維持するためにも重要なのです。

 

選定の目的と季節(時期)

ユッカの剪定には目的があります。
もちろん、「大きさを抑える」という目的もありますが、間引くことで「風通しがよくなり病害虫のリスクを減らせる」などのメリットも得られます。

 

タイミングとしては、真夏を除いた5~9月です。

 

冬に剪定してはいけません。
ユッカは暖かい地域に自生している植物ですので、冬であっても休眠することはなく、ゆっくりと活動しながら暖かくなるのを待っています。

 

そのような季節に強い剪定をすると、切り口から枯れ込んでしまいます。

 

ユッカの剪定は、増やし方に似ています。
ユッカの場合、剪定と挿し木の時期(適切な温度や湿度)が重なっていますので、剪定した部分は挿し穂として利用するのが一般的です。

 

すかし剪定

朴もの仕立てのユッカには、すかし剪定が必要になります。

 

すかし剪定とは、間引く剪定です。
一般的な朴もの仕立てのユッカには3~5つほどの芽がついており、それらの芽が成長すると全体が混み合ってくるようになります。

 

そうなると、風通しが悪く病害虫のリスクが高まります。

 

そこで、すかし剪定(間引き剪定)を行います。
全体のバランスを考えながら、間引くように枝のもとのところから切り、枝の本数を減らすように剪定をします。

 

間引いた枝は挿し穂として利用できます。

 

切り戻し剪定

大きく成長しすぎたユッカには、切り戻し剪定をします。

 

植物は、強く切り戻すと強い枝が出てきます。
ユッカ(ユッカ・エレファンティペス)の場合ですと、軸となっている幹を切り戻すことになりますので、すぐ下から強い枝が伸張してきます。

 

また、全ての部分を活かすことができます。

 

  • 頂部:挿し木(天挿し)
  • 幹部:挿し木(管挿し)
  • 株部:新しい芽が出る

 

剪定には、意外なメリットもあります。

 

植物も、年々老化します。
切り戻すことで頂部や幹部は新たな根を伸ばしますし、幹部や株部は新たな枝を伸長させて翌年には青々とした葉を茂らせることになります。

 

切り戻し剪定は、ユッカの若返りを図るためにも有効な手段なのです。

 

まとめ

ユッカにも、剪定が必要になることがあります。
ユッカ・エレファンティペスの剪定には、「すかし(間引き)剪定」と「切り戻し剪定」のどちらかが選ばれることになります。

 

前者はわき芽を減らす剪定、後者は樹高を低くするための剪定です。

TOPへ