ユッカは取り木で増やせる?

ユッカは、取り木で増やせます。

 

取り木とは、幹や枝から発根させることです。
一般的には発根させたい部分の外皮を形成層まで剥がし、水苔などを巻いたのちにビニールで覆って発根するのを待ちます。

 

この方法は、環状剥皮とも呼ばれます。

 

しかし、ユッカには用いられません。
ユッカを取り木で増やすこと自体は可能ですが、取り木は「挿し木では増やしにくい(挿し木の発根率の低い)植物」に用いるテクニックですので、ユッカには無意味なのです。

 

ユッカは、挿し木でも簡単に増やせます。

 

取り木の難易度

取り木は、イメージほどは難しくありません。
挿し木では発根しにくい植物であっても、取り木であれば(比較的)簡単に発根するものもあり、果樹などには良く用いられる方法です。

 

当然、ユッカであっても可能です。

 

ちなみに、取り木にはいくつかの方法があります。
たとえば、大きくは「高取法」「圧条法」「盛り土法」などがありますが、一般的なイメージでは「取り木=高取法」であり、環状剥皮も高取法に分類されます。

 

興味があれば、試してみるのも一興です。

 

ユッカ・エレファンティペスは生育旺盛な植物です。若木に傷をつけておくだけでも発根することは珍しくなく、傷をつけなくても木質化した部分との境目から発根することもあります。

 

利点と欠点は?

取り木には、利点と欠点があります。
利点としては「挿し木の難しい植物でも増やせる可能性がある」ことがあり、欠点としては「手間がかかる」ことがあります。

 

ユッカに、取り木は必要ありません。

 

取り木は、挿し木の難しい植物に用いられます。
ユッカは簡単に挿し木で増やせる植物ですので「取り木をするメリットがない」というのが本音です。(※外皮を傷つけなくても発根することがあるほどです)

 

取り木をユッカに用いるメリットは、限りなく少ないと言えます。

 

まとめ

ユッカを取り木で増やすことは可能です。
しかし、ユッカ(ユッカ・エレファンティペス)は挿し木によって簡単に増やせる植物ですので、取り木をするメリットは少ないと言えます。

 

自由研究の一環として試してみるのはアリかと思います。

TOPへ